義歯の種類

さまざまな義歯の種類

インプラントとは、体内に医療器具や材料を埋め込むことをいいます。歯科のインプラントでは、歯がなくなったときに、顎骨に金属を埋め込み、歯根とする治療をいいます。その人工歯根の上に義歯をつけます。虫歯が神経に到達して、歯根がすべてなくなってしまった場合や、歯周病がひどくなり歯を失ってしまった場合、また先天的に歯が欠けている場合などに、このインプラントは効果的です。もともと、歯を失った場合には、一般的に入れ歯とよばれる取り外し可能の義歯を装着したり、またブリッジといって、周りの歯に義歯をひっかける形で治療したりしていましたが、やはり強度にかけ、自分の歯のようには噛むことができませんでした。そこで、永続的な義歯として、インプラントが利用されるようになってきました。

今後の歯科インプラントの動向

インプラント治療の利点は、義歯をしっかり固定することができ、しっかりと噛むことができるようになること、また、周りの健康な歯を削ることなく治療ができることです。平均寿命がのび、老後の生活を充実し、楽しめるものにするために、食べ物をおいしく食べたい、噛む喜びを感じたいという理由で選択する人も多くなってきています。ただ、インプラントを行うには手術が必要であり、治療期間が長くなり、また治療費用が高額となります。また、インプラントは骨に結合するのですが、金属と骨の結合、また粘膜との結合がうまくいかなかった場合に、感染などの問題がおこることもあります。また、高血圧、心臓疾患、糖尿病、腎臓や肝臓の機能障害のある場合は、インプラント治療が難しい場合もあります。インプラントを選択する場合は、経験をつんだ信頼のおける歯科医を選び、しっかりと話し合いを重ねたうえで、慎重に決断する必要があります。